2020.06.22更新

八百屋さんの前を通りかかると、赤、黄、緑、紫など色鮮やかな夏野菜が沢山見られるようになりましたね。今日はそんな夏野菜の効用、食べると良いことが沢山ありますよ、というお話です。夏野菜は種類も効能も沢山ありますが、その中からほんの一部をご紹介します。
トマトは夏野菜の代表選手です。「リコピン」が豊富で抗酸化作用、動脈硬化予防が期待できます。
とうもろこしは糖質量も多いので、「食べる時はご飯の量をいつもより減らしましょう」とご案内していますが、食物繊維も豊富です。「ルテイン」がたくさん含まれており、抗酸化作用が期待できます。
オクラのネバネバ成分は「ペクチン」という食物繊維です。胃の粘膜保護の働きをするため夏バテ予防にもってこいです。タンパク質(肉・魚・卵・大豆製品など)の吸収を良くしてくれるので、タンパク質と一緒に食べるのがお勧めです。納豆オクラは理にかなった食べ方ですね。
きゅうりは、実に96%が水分なので栄養なんか無いでしょ、と言われてしまいがちですが、独特の香りはキュウリアルコールによるもの。みずみずしさやあっさりした味わいのもとになっています。「カリウム」が多く、利尿作用があるので夏のむくみ解消に役立ちます。
なすの鮮やかな紫色は「アントシアニン」によるものです。抗酸化作用、加齢による視力低下が期待できます。
夏野菜はいずれも水分が多く、汗で失われた水分補給になります。生で食べられるものも多く、熱に弱いビタミンや酵素が失われないだけでなく、暑い日に火を使わずに頂けるのも嬉しいですね。旬の物は栄養価が高く、お安いのも嬉しいところです。沢山手に入った時には、マリネにするなど酢を利用した調理がお勧めです。食欲がない時でもさっぱりと食べられますし、酢の殺菌作用は梅雨から夏にかけて食中毒予防にも効果があります。夏野菜の効用を上手く利用して、これからの暑い毎日を元気に乗り切れると良いですね。夏野菜

投稿者: 大船睡眠・糖尿病内科

2020.05.18更新

新型コロナウィルス感染拡大下において外出自粛の日々を余儀なくされていると思います。
朝の家事がひと段落したとき、在宅勤務の合間に、今日のスナックタイム、何を食べましょうか。
「間食」=「スナック」=「太る」というお考えがあるかもしれません。
しかし、食べるものを選べば、スナックタイムは緊張を和らげるリフレッシュタイムになると思います。
「間食」を「お菓子」と限定せず、タンパク質や脂質を含んだ食材を取り入れたり、
腹持ちも良ちのいいものを選ぶと、次の食事のドカ食い防止にもなります。
例えば何か甘いものが食べたい時はフルーツやハイカカオチョコレート(カカオ70%以上)、
アップルティー、キャラメルティーなど、フレーバーティーを利用するのもおすすめです。
牛乳を加えるとほっこり気持ちが温まります。
例えば何か口に入れていたい時はあたりめを噛んでみたり。
何かパリパリコリコリ食べていたい時は乾豆菓子や小魚もおすすめです。
小袋入りだと食べ過ぎ防止にもなりますね。
例えば小腹がすいた時はチーズや魚肉ソーセージ、ナッツ類(素焼き&無塩がお勧め)はいかがでしょうか。
ご紹介した食品は、どれも糖質が少ないものです。
「間食」を上手に利用して気持ちと血糖を上手にコントロールしていけるといいですね。

snack1snack2snack3

投稿者: 大船睡眠・糖尿病内科

entryの検索

月別ブログ記事一覧

カテゴリ

ご相談はお気軽に

どんな小さな相談も受け付けておりますので、遠慮なくご相談下さい。

  • 0467-38-7555.jpg
staff staff blog