医院紹介

当院について

糖尿病予防情報の発信拠点

残念ながら糖尿病は一度診断されると完治する事はない病気です。放っておけば全身に様々な合併症を引き起こし、人生に重大な影響を及ぼす恐れもあります。しかし初期症状を自覚しにくく、ちょっと気になる症状がある程度では、病院を受診しづらいと感じる患者さまも少なくありません。

 

当院は糖尿病の啓蒙活動等を通じて積極的に予防を呼びかけ、どんな小さな相談も受け付けておりますので、遠慮なくご相談下さい。

睡眠時無呼吸症候群や心臓病の治療にも対応

当院は心臓病や睡眠に関する専門性も有しておりますので、「糖尿病+心臓病」、「糖尿病+睡眠時無呼吸症候群」などの様々な患者さまに対応可能です。また、血圧やコレステロールの管理に関してお悩みの方もぜひ一度ご相談下さい。

時間を大切にしたい方へ(気軽に通えるクリニック)

当院は「患者さまの通いやすさ」を大切にしています。大きな総合病院では待ち時間が長く、受付から薬の受け取りまでで一日が潰れてしまうことも珍しくありません。予約をしていてもドクターに急患が入れば遅れることもあり、患者さまにとって通院が大きな負担になります。

 

そこで、病状が安定している方や、総合病院での治療を終えて日常管理を必要とする方が気軽に通えるクリニックとして、当院を開設致しました。JP大船駅が近く、当院までバリアループでお越しいただけます。また、糖尿病に関する採血(血糖値とHbAc)、尿検査は5分程度で結果が出ます。完全予約制ですので、長時間お待たせすることはありません。

院長紹介

ご挨拶

皆さま、こんにちは。大船 睡眠・糖尿病内科院長の高橋正典と申します。

 

私は北海道大学医学部循環器内科で狭心症や心筋梗塞、心不全などの救急医療に携わり、外来では不整脈などの心臓病や高血圧・糖尿病といった生活習慣病を10数年にわたり診療して参りました。私にとって充実した日々でしたが、24時間ポケベルを持ち、時には家に帰れないこともある過酷な毎日でもありました。

 

私をガラリと変えた大病経験

しかし、40代に差し掛かった頃に大きな転機を迎えます。多忙と不摂生の影響で体調を崩し、さらに大病にもかかり、約1年の療養生活を余儀なくされたのです。患者という立場になると、見える世界がガラリと変わりました。長い待ち時間、診察時間の遅れ、検査結果を聞く前の不安、診察してもらえることのありがたさ、励ましの声…。いつもピリピリして患者さまと向き合うゆとりがなかった私に、神様が「このままではいけないよ」と気づかせてくれたのだと思います。

 

診療を再開した私は、患者さまの話にじっくり耳を傾けることができるようになりました。たとえ患者さまが医師との約束を守れなかったり、検査結果が悪かったりしても、患者さまのせいにせず、治療を長い目で見て心から応援できるようになったのです。そして、患者さまに気軽にお越しいただき、しっかり向き合える場所を作るために、当院を開設致しました。

専門は糖尿病や睡眠時無呼吸症候群の治療

現在、私は糖尿病の専門医として、糖尿病の診断や治療、糖尿病予備軍の方々の予防や未病改善のお手伝いを行っております。厚生労働省の2016年の調査によると、国内の糖尿病患者・予備軍は約2,000万人に上り、もはや国民的な病気と言えます。重症化して失明、足の切断、腎不全による透析生活を余儀なくされる方々が後を絶たず、「もっと早く知っていれば」「もっと強く言ってくれれば」という後悔の声を度々お聞きします。糖尿病は早期の対応・治療で、合併症を予防することが何より重要です。

 

また、睡眠の専門医として、睡眠時無呼吸症候群の診断、CPAP治療のサポートや未病改善の広報活動を行っております。睡眠時無呼吸症候群は重症になればなる程、高血圧、狭心症、心筋梗塞、脳卒中などの危険性が高まる病気です。当院ではCPAP治療の丁寧なフォローアップを重視しており、患者さまが無理なく継続できる治療を目指しております。
また、過眠症にも対応しておりますので、日中に強い眠気を自覚してお困りの方はご相談ください。

このほか循環器専門医として、循環器疾患のフォローアップや高血圧、高コレステロール血症などの生活習慣病の診療も行っております。

 

当院が患者さまのお手伝いを十分にさせていただくためには、何よりも患者さまの前向きな取り組みとご協力が不可欠です。まずは、十分時間をかけて話し合い、治療の上で何を優先にしてどのような治療法を望むのかを伺いたいと思います。そこに私共の専門知識と技術を合わせて、皆様と同じ方向に向かって進んでいきたいと思います。患者さまと医師・スタッフが共に歩むことで、ささやかながら地域の健やかな暮らしに貢献できれば幸いです。

 

院長 高橋 正典

経歴

1991年 秋田大学医学部卒業
1992年  市立函館病院 内科・麻酔科研修
1994年  北海道大学医学部附属病院(現:北海道大学病院) 循環器内科
1998年  大阪大学医学部 研究
2002年  市立函館病院 循環器科
2003年  北海道大学大学院修了
2010年  湘南鎌倉総合病院 糖尿病内分泌内科・睡眠時無呼吸外来
2014年  大船中央病院 糖尿病内科・睡眠時無呼吸外来
2016年  大船 睡眠・糖尿病内科 開設

資格・所属学会

  • 医学博士
  • 日本内科学会  認定内科医
  • 日本循環器学会 専門医
  • 日本糖尿病学会 専門医
  • 日本睡眠学会  認定医
  • 日本温泉気候物理医学会 温泉療法医
  • 日本医師会認定産業医
  • 日本医師会認定健康スポーツ医
  • 日本ACLS協会 AHA認定ACLSインストラクター

クリニック紹介

当院は、医師・看護師・栄養士・受付担当がチームで患者さまのサポートをさせていただきます。全員が笑顔で患者さまをお迎えしているので「ここに来ると癒される」「あの人がいてくれると安心できる」という喜びのお声をいただいております。

 

長い治療生活では「先生に言われたことを守らなかったから、怒られるかもしれない」「検査結果が悪いかもしれない」と思うことがあるかもしれません。しかし当院はどんな時も患者さまを応援しています。どうすれば良くなるかを一緒に考えて、しっかりサポート致しますので、安心してお越し下さい。

初めての方へ

受診の流れ

1.予約 当院は完全予約制です。時間がございましたら当日も対応させていただく事もございますが、まずは事前にお電話でご予約下さい。
2.受付 保険証やお薬手帳などを忘れずにお持ち下さい。
3.問診票・予診 待合室で問診票にご記入いただいた後、スタッフによる予診や血圧等の測定を行います。その後は診察の順番をお待ち下さい。
4.診察 スタッフがお名前を呼ばれましたら診察室にお入り下さい。なお、疾患や重症度によっては、当日の採血、採尿、心電図などを行わさせていただきますので、ご了承ください。
5.会計 窓口で次回のご予約をお取りいたします。お会計の後、処方箋をお渡し致します。次回以降は診察券をお持ち下さい。

必ずお持ち下さい

  • 保険証(保険証を確認できない場合は保険外診療となります)
  • お薬手帳

 

お手元にある場合はお持ち下さい

 

  • 他の医療機関からの紹介状・診療情報提供書など
  • 現在の症状・既往歴・アレルギー等に関する記録
  • 糖尿病連携手帳
  • CPAPのデータカード(SDカード)

アクセス・診療時間

医院名 大船 睡眠・糖尿病内科
診療科目 一般内科、循環器内科、糖尿病内科、睡眠時無呼吸症候群、生活習慣病、甲状腺疾患
所在地 〒247-0072 神奈川県鎌倉市岡本2-1-10プロシードビル 201号
最寄り駅 JR「大船」駅 西口より徒歩4分
駐車場 当院前の共用駐車場(ビル入口から2台分)をご利用下さい。大船観音寺の裏手のコインパーキング(有料)もご利用いただけますが、午前10時頃には満車になります。

診療時間日・祝
8:30~
12:00
- -
14:30~
18:00
- - - -

土曜日は13時まで。休診日:水曜、日曜、祝日

受付時間
午前   8:30〜11:30
午後 14:30〜17:30
 土    8:30〜12:30

連携医療機関

当院は下記の医療機関と緊密な診療連携を結んでおります。入院や精密な検査が必要な際は、適切なタイミングでのご紹介が可能です。

  • 湘南鎌倉総合病院
  • 横浜医療センター
  • 横浜栄共済病院

ご相談はお気軽に

どんな小さな相談も受け付けておりますので、遠慮なくご相談下さい。

  • 0467-38-7555.jpg
staff staff blog